小川 晃輝

2018.11.09

私の就職活動と現在担当している仕事についてお話ししたいと思います。
まずは、就職活動についてです。山口県のためになる仕事に就きたいという漠然とした考えこそ持っていましたが、具体的なビジョンはまだ持てていないまま就職活動に挑みました。そのような状態で、企業説明会に行き、多くの山口県企業の説明会に参加しました。その説明会で出会った企業の一つが徳山海陸運送でした。物流という経済に必要不可欠な業種であり、地元企業との強いつながりがあることに興味を惹かれたことと、採用担当者の方の丁寧な説明を受け、エントリーしました。そして、会社説明会、面談、面接などを経て、地域密着型の企業で、新人の時から仕事を任せてもらえることを知り、ここで働きたいと思いました。
私は現在港運部に所属し、コンテナの中に製品を詰めるための内袋の取り付け作業を主に担当しています。
港運部は現場技能職と共に仕事をする部署で、作業の段取りを計画したらそれを技能職の方に伝えなければいけません。しかし、この業種についての知識がほとんどない私は、作業を行う上で何が最も効率的かの判断がつかずに最初のころは迷惑をかけてばかりでした。でも、現場技能職の方は皆さんとても優しい人たちばかりで私が困っていたり、わからないことがあったり、悩んでいたりするとアドバイスをくれたり、わからないことを教えてくれます。
なので、私はこれから仕事の効率が良くなるように頑張っていくことはもちろん、現場技能職の方に今までのことのお返しが出来たらいいなと思います。
今、就職活動をされている皆さんもいろいろな企業の説明会に参加してみてください。きっと自分がやりたい仕事ややってみたいことが明確になり、入りたい企業が見つかると思います。そして、その企業が徳山海陸運送であったら幸いです。
みなさんと一緒に仕事できる日を待っています。